エバンザ™クラスター

「軽量なので腰や肩など身体への負担が少なくなりとても助かっています」

エバンザ™クラスターを更新導入頂いた、北海道・別海町の「株式会社木村牧場」様の事例をご紹介します。

web_DSC_1181.jpg

株式会社木村牧場

北海道, 別海町

株式会社木村牧場

飼育牛品種

ホルスタイン

飼育牛の頭数

68

Web_DSC_1217.jpg

1952年(昭和27年)設立の株式会社木村牧場様は、ご家族で経営されており、長きにわたりつなぎ飼い牛舎にて酪農業を営んできました。2017年(平成29年)に「パラレルパーラーP2100」を導入し、1日当たりの搾乳量は2,200kgです(2020年7月現在)。エバンザ™ミルキングクラスターを更新導入した前後のお話を、木村圭一代表取締役に伺いました。

「ライナースリップが少なくなったのが大きいと感じています。特徴的な乳頭を持つ牛でも素早く装着できるので、作業の効率があがりました。
相乗効果で乳房炎が少なくなったので、収益向上につながると思います。

クラスター自体の重量が軽くなった(約1.5kg)ので、腰や肩など身体的な負担や疲労感が少なくなりとても助かっています。吸い付きも良く、また搾乳したい!という気にさせてくれます。

ライナー交換もこれまではデラバルのサービスマンに頼んでいましたが、カートリッジ式になり交換も簡単に出来たので自分でもできるようになります。これからも牛を大切に扱っていきたいと考えています。」

「軽量なので腰や肩など身体への負担が少なくなりとても助かっています」

製品の情報はこちら

パーラー

パラレルパーラー P2100

家族経営の農場や牛群の拡大に最適な搾乳パーラー

詳しくはこちら

搾乳ポイント

エバンザ™ クラスター

世界で初めて二重構造のカートリッジを開発しました。搾乳者の労力削減や乳房の健康促進を可能にする、最も効率的なクラスターです。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

全般的なお問い合わせ