デラバルについて

私たちは持続可能な食糧生産を実現します

デラバルは、生乳品質や動物の健康を維持するため、牧場経営における課題の解決策を提供する、世界トップレベルの企業です。約4,500人の従業員を擁し、世界中100か所以上で事業を展開しています。

今から130年以上も前、スウェーデンの発明家、グスタフ・デ・ラバルが会社を創設して以来、わたしたちは世界で持続可能な食糧生産を実現すべく、日々酪農家の皆様に寄り添い続けてきました。 現在、世界中で何百万人もの酪農家が、毎日デラバルの製品を使用してくださっています。

デラバルはテトラパック、シデルと共に『テトララバルグループ』の一員です。

 

 デラバルの歴史

デラバルは1845年、スウェーデンの中部、ダーラナに生まれたグスタフ・デラバルによって創設されました。

1878年、グスタフ・デラバルは遠心クリームセパレーターの特許を取得しました。 これがデラバルの始まりです。彼は研究による成果に限りは無いと信じており、飽きない探求心の結果、生涯にわたり92もの特許を取得しました。また、37の会社を設立し、実業家としても成功を収めました。その結果、彼は発明家、実業家として高く評価されるようになり、同時代の発明家にも数多くの影響を与えました。

彼が生み出した発明は今日まで生き続けており、世界中で何百万人もの人々に仕事を提供し続けています。

デラバルは、生乳生産の進歩を促進する新しい技術を研究し、酪農業界に革新をもたらすため、日々努力を重ねています。これからも、生乳の品質、食品生産、アニマルウェルフェア、動物と人間の環境を改善できるよう、邁進してまいります。

 

 

詳しくは、以下のコーポレートサイト(英語版のみ)をご覧ください。

 デラバルコーポレートサイト(英語)

 www.delavalcorporate.com

こちらでは、以下の情報を掲載しております。

  • デラバルについて
  • デラバルの仕事
  • 持続可能な酪農とは
  • デラバルでのキャリア形成 

 

 

 

お問い合わせ先

全般的なお問い合わせ