デラバルの歴史

デラバルは1845年、スウェーデンのダーラルナに生まれた17世紀のフランス人移民の末裔、グスタフ・デラバルによって創設されました。幼い頃から賢く、大変優秀な学生で工学学位を取得した後、博士号も取得しました。

グスタフデラバル:歴史を変える

1878年遠心分離セパレーターの特許を取得し、搾乳機器や蒸気タービンなどの数多くの発明品の特許を取得しました。これらの偉業の末、発明家、産業家として高く評価されるようになりました。また、同時期の発明家に大きな影響を与えました。

DeLaval

デラバルの遺産

グスタフ・デラバルは生涯に渡り、スウェーデンにおいて92の特許を取得し、37の会社を設立しました。彼は優れた発明家だっただけではなく、研究によってもたらされるものに限りは無いと信じていました。彼の発明は今もなお残っており、何百万人もの人の仕事を生み出すほどにまでになりました。

デラバルはミルク生産の発展のために新しい方法や解決法を見つけ、酪農家の利益向上に努めています。また、私たちは乳質、食物生産、動物の福祉、動物と搾乳者双方の環境を改善することを目指しています。

お問い合わせ先

全般的なお問い合わせ